So-net無料ブログ作成
コラム ブログトップ

車検証の所有者の欄が他人の場合でも廃車できるの? [コラム]

車は流通をするもので、中古車では複数オーナーも珍しくありません。
その為、車検証の名義変更が終わっていない場合で廃車にしたいケースも出てきます。
そういった場合、車検証の名義が他人のままで廃車が可能か不可能かというと可能です。
ただ、名義人が所有者ではない場合、税金関係のトラブルも多いですので、早めに変更しましょう。

自動車を廃車にする場合、車検証に記載された名義人の実印と印鑑証明が必要になります。
業者に委託する場合も同様で車検証の名義人の実印が必要になります。
永久抹消を行い、廃車にする場合でしたら、実印を押した書類と印鑑証明を用意し、委託手続でいいでしょう。
業者に依頼して廃車にする場合も、廃車をする会社に一度名義を移動した後の廃車手続をするケースが多いです。
その為、業者に任せる場合も名義変更に必要な書類を揃えることを求められる事が多いですね。

名義を変えずに廃車をする場合、廃車自体は可能ですが自動車税や自賠責の還付金は名義人の口座に振り込まれます。
手続が増えてしまいますので、廃車の後の事まで考える場合は、まず名義変更を行いましょう。
名義変更の場合は譲渡書と委任状に車検証の名義人の実印を押した書類と印鑑証明、今の所有者の実印を用意します。
その後運輸支局に行き、変更してもらう事が出来ます。

車検証の名義が他人の場合、廃車自体は可能ですが、本来の手順とは違います。
その為、書類が増えてしまったりする場合もありますので、名義は変更してから廃車をした方がいいでしょう。

タグ:廃車 車検証
nice!(0) 
共通テーマ:自動車

自動車のローンが残っている場合でも廃車できるの? [コラム]

自動車は高額な買い物ですので、一括での購入ではなくローンで購入する人も多いです。ただ、自動車は使っていると事故などにあってしまう場合もあるものです。走行不能になる場合も珍しくなく、そういった時は廃車にするしかありません。ですが、自動車ローンの支払中は所有書の名義は基本的にクレジット会社となっています。これを所有権留保と言い、ローンを支払い終わって所有権解除になり、始めて所有者の名義になるわけです。

もし、自動車ローンが残っている場合で廃車にする場合は、まずはクレジット会社の許可が必要になります。その際、未支払いのローンの一括返済が必要になります。

これは廃車以外に名義変更や売却する場合でも同じことになっています。ただ、まれにローンの支払中でも、所有者名義になっている場合もあります。そういった場合は、許可は不要で好きなタイミングで廃車や売却する事が可能ですね。

ただ、所有者名義になっている場合も担保の取り決めなどがある場合はありますので、借入先には必ず確認しましょう。所有者の現在確認を行わないで売却、廃車をしトラブルに合うケースもあります。

ただ基本的に自動車ローン支払い中は完全に自分のものではありません。その為、ローン支払い中はクレジット会社の許可を取得しないと廃車出来ない、そういった事になります。
 
未払いのローンは一括返済する事が出来ない場合もありますが、その場合は乗換ローンなどで対応する事が出来ます。ローンの支払中は車は自分のものではない、車はそういった事を認識し大事に使いたいですね。

nice!(0) 
共通テーマ:自動車

廃車(抹消登録)と自賠責保険に関すること [コラム]

自動車は廃車を行う際、公道を走る為の登録を抹消することになります。自動車は走行する為に自賠責保険に入る必要があるのですが、この自賠責保険もその時点で解約になります。
 
この自賠責保険は事故に合った時に使うものですが、登録が抹消されれば不要になります。抹消登録後、保険会社に書類を提出し、解約となります。

自動車にかかる費用として負担になっている自賠責保険の費用ですが、この保険費用は有効期限が1ヶ月以上前の場合還付金をもらう事が出来ます。
 
この計算は1ヶ月単位ですので、それ以下の場合は還付金をもらうことは出来ません。その為、廃車にすると決めたら早期に手続を行いましょう。一時抹消登録の場合、手続をすることで還付金を受け取る事が出来ます。

また永久抹消登録を行う場合、業者に委託する場合も多いのですよね。この際還付金などの説明を行ってくれない業者もいますので注意しましょう。永久抹消登録の場合、解体後になりますので、名義を先に会社名義にする場合が多いです。

説明がない場合、還付金を会社の利益にしてしまう場合もあるのです。その為、説明がない場合は必ず確認するようにしましょう。後から聞いた場合、諸費用として振り込まれる金額が還付金の代わりに引かれてしまい、減額された額が振り込まれるケースもあるようです。

買取の場合も同様で説明の有無には気をつけましょう。

その為、廃車を行う際は評判のいい会社を探すなど予め調べておきましょう。
大手の会社でも支店による差もありますので、予めクチコミなどで調べるのもいいと思います。



nice!(0) 
共通テーマ:自動車

廃車(抹消登録)と自動車任意保険に関すること [コラム]

自動車任意保険は、自賠責保険ではまかないきれない交通事故が起こった際の費用を補償するものです。対象となる額は異なりますし、車両保険の有無で範囲も異なりますが、大半の人が加入している保険でもあります。この自動車任意保険も廃車を行うと必要なくなりますので、解約となります。

保険の料金の支払い方法は人それぞれですが、解約をすることで保険料の返金を受ける事が出来ますので、保険会社に確認しましょう。廃車をした場合、任意保険は自動的に解約になるのではなく、保険会社に書類を提出することで、解約となります。
 
手続をした時点で保管解約になりますので、廃車手続を行った際は早期に解約も行いましょう。もし、廃車手続の前に廃車をする予定日がわかっている場合は、予め保険会社に連絡しておくのもいいでしょう。これを先付け解約といい、余分な費用を支払う必要がなくなりますので、無駄のない方法ですよね。

また一時抹消登録を行い、再度使用する予定の場合も解約をする必要があります。海外へ渡航している場合など、長期間自動車の使用をしないケースなどが該当します。この場合、中断手続きを行い、中断証明書を発行してもらいましょう。

任意保険には等級があり、序々に割引率があがるものですが、このノンフリート等級は中断証明書により引き継ぐ事が出来ます。
 
この期間は5年間となっています。ただノンフリート等級が1から5の人は13ヶ月以上空けると再度6級からのスタートになりますので注意しましょう。


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

永久抹消登録の目的と特徴 [コラム]

永久抹消登録とは、その名称の通り日本国内での車両の登録を永久に抹消登録する為の手続です。

自動車は使うと消耗していくものです。定期的に買い替えも必要ですし、事故に合った場合など乗れなくなってしまう場合もありますよね。
 
乗れなくなった自動車はそのまま保有していても、登録を抹消しない限り税金の請求が来てしまいます。自動車税は前払いですので、逆に早期に抹消登録を行うことで還付金を受け取ることも出来ます。

その為、事故に合った場合など乗れなくなった場合は早期に抹消登録を行いましょう。

永久抹消登録の特徴としては、自動車の解体が前提になっています。

その為、自動車が動かなかったり、年式が古く中古買取り業者が買取も不能になっている時などに行います。ただ、今は廃車専門の買取業者もいますので、一度査定をしてもらうのもいいと思います。

自分で永久抹消登録を行う際は、まずは解体業者に車を持込みます。
買取をしてもらった方が次の自動車の費用に当てることもできますよね。

また解体をする場合、鉄屑になりますが、その鉄屑に値段もつきます。
その時の相場にもよりますが、数千円以上はもらえるでしょう。
 
ただ、永久抹消手続を依頼すると費用が取られてしまいますので、費用をかけたくない場合は自分で行いましょう。
 
この永久抹消登録の目的は解体を含み、完全にその車の存在をなくしてしまうことになるのです。登録し将来的に再度乗りたかったり、保管しておきたい場合は一時抹消登録を行いましょう。

nice!(0) 
共通テーマ:自動車

一時抹消登録の目的と特徴 [コラム]

一時抹消登録とは、使わなくなった車の登録を解除することです。日本では公道を走る為に、まずは車両の登録をする必要があります。
 
毎年それに基づき自動車重量税などの税金の請求がくるシステムになっています。それらの費用は公道の補修な管理などに使われています。

使用中の自動車は登録しておいていいのですが、年を重ねると自動車は消耗していきます。むしろ自動車は消耗品の集合体とも言えるもので、常にメンテナスが必要です。また、自動車の使用期限は通常10年間と言われています。
 
きちんとメンテナンスし、管理していけば20年30年と乗ることは可能なのですが、部品が製造中止になったりコストが増していきます。
 
修理は税金の増額など管理コストも増加していきますので、10年位で乗換をするのが、一番効率良い使い方ともなっていますね。

ただ、思い出の車など解体をせず保管したかったり、今は乗らないけど将来的には復帰させたい、そういった車はあります。
 
長期旅行に行く際や、将来子供に使わせたい場合などもありますよね。
 
変わった使い道としては、ワンボックスなどを保管庫に使うケースもあるようです。
 
一時抹消登録は、車を乗り物として使用はしないが保存はしておきたい、そういった時に使われる廃車の方法なのです。

一時抹消登録の特徴でもありますが、残るのは車両のみでナンバープレートは返却する必要があります。また、この時渡される書類は再登録する場合や永久抹消登録をする場合必要になりますので、きちんと保管しましょう。


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

自動車リサイクル料金とは? [コラム]

自動車リサイクル料金とは、2005年1月から施工の自動車リサイクル法に基づいた料金です。自動車は元々リサイクル率の高い製品でしたが、それでも埋め立て地を圧迫していました。

その為、廃車となった自動車を適正に処分、リサイクルすることを業者に義務付けた法律が生まれたわけです。自動車リサイクル料金の内訳は、エアコンに使用されるフロンの他、車体粉砕後に出る破砕屑などが該当します。
 
その他にこれは装備されている数によって料金が異なりますが、エアバッグも対象です。廃車を処理するための情報管理やリサイクル料の管理にも、このリサイクル料金は使用されています。
 
この費用は自動車の所有者が負担することになっています。新車購入時に自動車リサイクル料金は支払われ、売却すると返却されます。そうやって廃車になるまで、リサイクル料金は引き継がれていきます。

このリサイクル料金の価格はいくらかというと、車両の装備によって異なります。
 
一般的な車両でも7,000円から18,000円と幅がありますので、リサイクル料金がいくらになるかは業者に確認しましょう。
 
ちなみにこの資金は自動車リサイクル促進センターが管理しています。
 
2005年の段階でも305万台もの自動車が廃車されましたが、現在の日本では毎年400万台もの自動車が廃車されているといいます。
 
廃車される自動車が増加傾向にあるということです。この大量に出る廃車をきちんと処理するためにも、リサイクル料金は自動車大国である日本では必須なのでしょう。


nice!(0) 
共通テーマ:自動車
コラム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。