So-net無料ブログ作成
検索選択

車検証の所有者の欄が他人の場合でも廃車できるの? [コラム]

車は流通をするもので、中古車では複数オーナーも珍しくありません。
その為、車検証の名義変更が終わっていない場合で廃車にしたいケースも出てきます。
そういった場合、車検証の名義が他人のままで廃車が可能か不可能かというと可能です。
ただ、名義人が所有者ではない場合、税金関係のトラブルも多いですので、早めに変更しましょう。

自動車を廃車にする場合、車検証に記載された名義人の実印と印鑑証明が必要になります。
業者に委託する場合も同様で車検証の名義人の実印が必要になります。
永久抹消を行い、廃車にする場合でしたら、実印を押した書類と印鑑証明を用意し、委託手続でいいでしょう。
業者に依頼して廃車にする場合も、廃車をする会社に一度名義を移動した後の廃車手続をするケースが多いです。
その為、業者に任せる場合も名義変更に必要な書類を揃えることを求められる事が多いですね。

名義を変えずに廃車をする場合、廃車自体は可能ですが自動車税や自賠責の還付金は名義人の口座に振り込まれます。
手続が増えてしまいますので、廃車の後の事まで考える場合は、まず名義変更を行いましょう。
名義変更の場合は譲渡書と委任状に車検証の名義人の実印を押した書類と印鑑証明、今の所有者の実印を用意します。
その後運輸支局に行き、変更してもらう事が出来ます。

車検証の名義が他人の場合、廃車自体は可能ですが、本来の手順とは違います。
その為、書類が増えてしまったりする場合もありますので、名義は変更してから廃車をした方がいいでしょう。

タグ:廃車 車検証
nice!(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。