So-net無料ブログ作成

自動車のローンが残っている場合でも廃車できるの? [コラム]

自動車は高額な買い物ですので、一括での購入ではなくローンで購入する人も多いです。ただ、自動車は使っていると事故などにあってしまう場合もあるものです。走行不能になる場合も珍しくなく、そういった時は廃車にするしかありません。ですが、自動車ローンの支払中は所有書の名義は基本的にクレジット会社となっています。これを所有権留保と言い、ローンを支払い終わって所有権解除になり、始めて所有者の名義になるわけです。

もし、自動車ローンが残っている場合で廃車にする場合は、まずはクレジット会社の許可が必要になります。その際、未支払いのローンの一括返済が必要になります。

これは廃車以外に名義変更や売却する場合でも同じことになっています。ただ、まれにローンの支払中でも、所有者名義になっている場合もあります。そういった場合は、許可は不要で好きなタイミングで廃車や売却する事が可能ですね。

ただ、所有者名義になっている場合も担保の取り決めなどがある場合はありますので、借入先には必ず確認しましょう。所有者の現在確認を行わないで売却、廃車をしトラブルに合うケースもあります。

ただ基本的に自動車ローン支払い中は完全に自分のものではありません。その為、ローン支払い中はクレジット会社の許可を取得しないと廃車出来ない、そういった事になります。
 
未払いのローンは一括返済する事が出来ない場合もありますが、その場合は乗換ローンなどで対応する事が出来ます。ローンの支払中は車は自分のものではない、車はそういった事を認識し大事に使いたいですね。

nice!(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。